People (JP)



グループ・リーダー

安野 嘉晃
博士(工学)
yasuno@optlab2.bk.tsukuba.ac.jp
Tel. 029-853-5217

大学院において「時空間光情報処理」を研究し、2001年に博士号を取得しました。2002年より、筑波大学において Computational Optics Group (COG)を組織し、時空間光情報処理を応用した光計測に関する研究を行っています。2003年から、時空間光情報処理理論を応用した生体光計測の研究を開始しました。この技術はフーリエドメイン光コヒーレンストモグラフィー (FD-OCT) として実用化されています。
 2006年以降、FD-OCT の機能拡張としてOCT造影法、偏光感受型OCTの研究を行いました。現在は、これらの技術を統合した Jones matrix OCT の理論構築、装置開発、眼科・皮膚科学分野での臨床応用研究を行っています。


研究メンバー

巻田 修一 准教授
博士(工学)
makita@optlab2.bk.tsukuba.ac.jp

筑波大学 Computational Optics Group において光コヒーレンストモグラフィー(OCT)の研究開発を行っています。
大学院(筑波大学)では偏光OCT、ワンショット位相シフトOCTの研究で修士号を取得、眼底イメージング用スペクトルドメインOCT(SD-OCT)、OCT造影法の研究で博士号を取得しました。2006年に米光学会の論文誌である Optics Express に発表した "Optical coherence tomography" は世界で最初のOCT造影法研究論文となりました。


宮澤 新
博士(工学)

Computational Optics Group において Jones Matrix OCT によって得られるマルチコントラスト画像の画像処理に関する研究を行っています。組織の散乱情報、偏光情報を用いた組織弁別法の開発に始まり、現在は、superpixel 法を用いた生体組織の光学特性の高精度計測手法の研究を行っています。[最近の研究紹介]


学部生・大学院生・博士候補生

Ibrahim Adb El-Sadek
数理物質科学研究科博士課程後期

エジプト Damietta 大学で光干渉を用いた光ファイバー評価法の研究、光干渉による地震波検出法の研究で修士号を取得した後、COGで博士号取得を目指して研究しています。

現在は、OCT・OCT顕微鏡を用いた生体活動性の可視化手法の研究を行っています。

笈田 大輔
数理物質科学研究科博士課程前期

ホログラフィー、OCT、顕微鏡の技術を融合した新しいイメージング技術である「仮想開高顕微鏡」の研究をしています。その中でも特に、「仮想開口分割」と呼ばれる技術を開発し、生体の微小な繊維構造の可視化を行っています。

及川 健介
理工学郡応用理工学類

仮想開口顕微鏡ホログラフィー、OCT、顕微鏡の技術を融合した新しいイメージング技術である「仮想開高顕微鏡」の研究をしています。その中でも特に、Gerchberg-Saxton アルゴリズムと呼ばれる最適化アルゴリズムを応用し、高度に位相安定化された仮想開高顕微鏡の研究を行っています。


研究サポートチーム

湯山 佳代
チーフ・アシスタント

Computational Optics Group の研究管理部門・事務部門を統括しています。一般管理、研究室財務、庶務など、研究サポートの要です。

長坂 朋実
研究管理補佐

研究管理・事務部門において、研究企画の補助、開発スケジューリング、共同研究先との調整業務などを行っています。また、研究室のペット、カエルのぴょん吉の世話も担当しています。(ただし、カエルは苦手なので素手では触りません。)

古川 陽子
研究管理・博士(経済学)

研究室内の研究管理・プロジェクト管理を行っています。また、長坂管理補佐といっしょにカエルのぴょん吉の世話も担当しています。






共同研究者

東京医科大学 霞ヶ浦病院眼科
三浦 雅博

筑波大学医学医療系 眼科
大鹿 哲郎
福田 慎一
上野 勇太
星 崇神

卒業生・交換留学生

東 神之介, 2016-2019

卒業研究において眼底臨床計測用 Jones matrix OCT の開発を行い、終始研究ではその眼底OCT装置を用いた臨床研究と眼底マルチコントラスト トモグラフィーの画像処理に関する研究を行いました。これには特に、組織の偏光特性、OCT信号の時間揺らぎを用いた眼底組織の弁別手法の確立が含まれます。

2019年3月に修士課程を修了し、現在は(株)トプコンで眼底用OCTの研究・開発を行っています。


Deepa KASARAGOD, -2018

イギリス・シェフィールド大学で博士号を取得した後、筑波大学で複屈折の定量計測理論、前眼部偏光計測を用いた緑内障診断の研究をしていました。現在は広島大学神経生物学研究室で脳イメージングの研究をしています。

En Li, -2018

Yiwei CHEN, -2017
元博士研究員、スペイン Universidad de Murcia (Spain) で研究員になりました。

Aaron CHAN, -2017

Tanlin LIAO, -2017
台湾の国立交通大学からの交換留学生として、6ヶ月間皮膚科学 Jones matrix OCT の研究を行いました。現在、国立交通大学において修士号取得のため OCT 造影に関する研究を行っています。

Young-Joo HONG, -2016
当グループで博士号取得の後、博士研究員として眼底 Jones matrix OCT の基礎研究、装置開発、臨床研究を一貫して行いました。現在、韓国  Koh Young Technology で研究員をしています。

黒川 和博, - 2015
当研究グループにおいて補償光学型OCTによる高分解能眼底イメージンの研究を行い博士号を取得しました。その後、博士研究員として眼底レーザー凝固中の組織の微小変位のリアルタイム計測法を開発を行いました。
現在、アメリカ・インディアナ大学において高分解能OCTの研究を行っています。

Lian DUAN, - 2013
当研究グループにおいて偏光OCTを用いた眼底組織の複屈折計測とその応用に関する研究を行い、博士号を取得しました。その後、スタンフォード大学に研究員として異動しました。

Myeong-Jin JU, - 2013
カナダ・ブリティッシュコロンビア大学からの交換留学生として一年間当研究グループに滞在し、安定型 Jones matrix OCT のイメージングエンジンの開発を行いました。帰国後、同エンジンを用いた OCT 顕微鏡の研究で博士号を取得し、現在は、カナダ Simon Fraser 大学研究員として補償光学型眼底イメージングの研究を行っています。

山成 正宏, - 2008
当研究グループで偏光OCTの原理、装置開発、眼科臨床応用に関する研究を行い、博士号を取得しました。現在、眼科検査機器メーカーであるトーメーコーポレーションにおいて偏光OCTの眼科臨床実用化を目指して研究開発を行っています。

Yihen LIM
当研究で偏光OCTの研究を行い修士号を取得しました。その後、宇都宮大学において高分解のOCTの研究で博士号を取得。現在は埼玉大学助教として光計測の研究をしています。

Udaya BHASKAR, -2013
インド Indian Institute of Technology (IIT)in Bhubaneswar からの交換留学生として来日し、Jones matrix OCT の画像処理に関する研究を行いました。

Tapio FABRITUS
フィンランド・オウル大学からの交換研究者として一年半滞在し、眼底OCTの技術研究を行いました。現在、オウル大学教授として印刷型光学素子、光計測に関する研究グループを統括しています。

Frederik Truffer
スイス  Institute of System Engineering, University of Applied Science and Arts Western Switzerland からの交換留学生として滞在し、当研究グループの眼科部門の立ち上げを行いました。

Dr. Eun Jung Min
Hwidong Lee
Dr. Jeung-Geun Shin
韓国光州科学技術院(GIST)からの中期(数ヶ月)交換留学生として当グループに滞在し、OCT基礎技術・画像処理の研究を行いました。

卒業生のその他の進路
卒業生・出身者は以上の他に、キャノン、セイコーエプソン、ブラザーなど光・計測関連のメーカーで働いています。